1. HOME
  2. ブログ
  3. EC事業部
  4. 【ネットショップ】Shopify(ショッピファイ)で売れるネットショップを構築

BLOG

ブログ

EC事業部

【ネットショップ】Shopify(ショッピファイ)で売れるネットショップを構築

こんにちは。
EC事業部の佐藤です✨

世界で170万以上の店舗が利用している
Shopify(ショッピファイ)がおすすめな理由!

利益率が高い
Shopifyなら初期費用無料で月額料金は$29から始められます。
さらにクレジットカード決済を使うのに固定費用は必要ありません。
それなのに手数料は業界でも最安水準。

集客機能が充実
InstagramやFacebookと連携してSNSで販売。
さらにSEO対策をしながら、
Shopifyの管理画面から広告やメルマガも管理できます。
また業界唯一の楽天市場直接連携も搭載しています。

ブランドを表現できる
プロも使用する無料テンプレートで、
ブランドを最大限に表現できるストアを構築できます。
もう時代遅れのネットショップのデザインにはなりません。

ShopifyはECサイト開発・運営を助ける土台として、
175か国100万ショップ以上に導入されるまで成長を遂げたカナダの企業です。

また、決済の面でもクレジットカードやApple Pay、Google Payに対応しており、
PayPalやStripeといった外部サービスとの連携も可能となっています。

企業がECを始める場合、
特に日本ではアマゾンや楽天といったモールに出店する場合が多く見られます。
モールに出店すると、そのモールの集客力を活かし、
ユーザーへ商品を届けられるのがメリットです。

しかし、ユーザーから見ると、
あくまでもモールの上で商品を購入したと認識が強く、ブランドが認知されにくい。

近年、モールから撤退し、
自社ECへと注力することを発表する企業も増えました。

ルイ・ヴィトンは、アマゾンの出店オファーを断ったり、
ディズニー、ナイキなどもAmazon撤退するなどEC市場が変動しています。

ショッピファイと同じように、
サービスの質で人気なのが、BASE(ベイス)です。

BASEもショッピファイと同じように、
ショッピファイと同じく新型コロナウイルスの影響が追い風となり、
時価総額は3000億円を突破しています。

ここへきて、中間業者を省き、
D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)という
ビジネスモデルが注目されています。

インターネットを通してお客様と関係を築き、
商品・サービスに対する評価をいただき、
施策を立てることが可能になります。

モールを通した場合、顧客情報も管理できません。
自社の商品を誰が買ってくれているのかがほとんどわからない。
しかし、ShopifyやBASEなどで構築した自社ECサイトであれば、
お客様との関係を築くD2Cが実現できます!

わたしたち株式会社SKBピュアは
最も得意とするECサイト制作とWebマーケティングにより、
全国に向けた販売を行うEC(ネット通販)の支援を行っている会社です。

現在では地元福島県だけではなく、全国からお問い合わせをいただいており、
現状をお聞かせ頂くことで、その状況に合ったWebによる解決策をご提案しております。
企業拡大や地域No.1を目指されている方は、
まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事